生酵素222【ランキング1位の口コミを徹底調査】本当に効果あるの?

 

大袈裟ではなく、かなりの売り上げを誇るダイエットサプリがあります。

 

【生酵素222】というダイエットも含む健康維持を目的としたサプリメントなのですが、222種類の野菜や果物を素材とした酵素サプリメントです。そもそも酵素とはなにか? 体に、健康にどのような影響をおよぼすのかをご説明します。

酵素とは

酵素とは、人が生きるために必要で、なくてはならない物質です。

 

よく知られている栄養素には、炭水化物、タンパク質、脂肪があります。しかし、この三栄養素だけでは、エネルギー源として機能させるには不十分ということで、ビタミン、ミネラルにも注目が集まりました。

 

いわゆる五大栄養素と呼ばれるものです。この他食物繊維なども、頻繁にテレビや雑誌に取り上げられています。これらの栄養素をバランスよく取り込むことが、健康で行動力のある毎日につながるわけです。そして、これらの栄養素よりさらに大切なものが酵素なのです。

 

大事な知っておくべき物質

それは、生命維持に不可欠といってもよいほど大事なもので知っておくべき物質です。酵素には、食べたものを消化させるための助けになる消化酵素があります。

 

酵素の力で分解された栄養素が小腸で吸収され、生命に必要なエネルギーが作られるわけです。また、これとは別に、呼吸や筋肉運動に関係する役割もはたしています。

 

作られたエネルギーを体内で活躍させる代謝酵素の存在も忘れてはいけません。そして加齢や病気などで、消化酵素や代謝酵素が不足すると、体調をさらに悪化させることになります。こうした酵素の減少を補うことができるのが、食物酵素です。酵素を含む食べ物の摂取で、失いかけ酵素の量を回復させるわけです。新鮮な生の野菜や果物には酵素が多く含まれています。

 

内臓や表面の皮膚までも綺麗になる

他にも納豆や味噌などの発酵食品に含まれる食物酵素の助けを借りることで、食後のスムーズな消化につながり、体内にあった消化酵素を無暗に使い果たすことを防いでくれます。

 

つまり酵素を沢山補うことで、体内から健康なリズムを整え、内臓や表面の皮膚までも綺麗になるのです。

 

ただ、一つ問題は、毎日酵素を含む食材を大量に食べなければならないことです。毎日同じものを食べていては飽きてしまいますし、酵素を含む食材選びや調理にも手間がかかります。もっと、効率よく酵素を取れないか? こんな悩みに着目して開発されたサプリメントが、酵素222なのです。

 

222種類もの植物発酵エキス

222種類もの植物発酵エキスを豪華に配合しました。これだけの種類を豊富に配合していれば、体に必要な酵素は充分に取れるはずです。製法にもこだわり、まず、安心で安全な製品を目標に、自然素材を厳しく選び抜きました。素材にはとことんこだわり、野菜・果物・野草・海藻・穀物を細断の上、煎じてエキスを抽出します。

 

そして、独自開発の有用菌で数年間熟成発酵、その後熱に頼らず自然に近い状況で、水やアルコールを飛ばし、植物酵素を抽出すろという丁寧な非加熱製法が、品質の証明になっています。カプセルの充填も細心の注意をはらい、最善の品質管理を目標に検査も徹底しています。

 

日本サプリメント評議会の認定

ここまでの管理で製品が作られるため、【生酵素】は日本サプリメント評議会の認定を受け、安心・安全サプリメントとしての評価を得ています。さらに【生酵素】には、ビタミンB1をプラスしました。このビタミンB1は、糖質をエネルギーに変えるサポート的役割をはたす栄養素です。ビタミンB1は、糖質の代謝を助け、神経や筋肉を正常に保ちますが、不足すると疲労や食欲不振など様々な不調につながります。

 

また、酵素が働くためには、その援軍である補酵素が必要なのですが、ビタミンB1は、小腸に吸収され後、この補酵素に変わり健康だけでなく美容にも効果があらわれます。「ダイエットからはじまり、今は健康管理のために飲んでいます」、「朝の目覚めがスッキリ」、「体質改善・健康維持・美容にぴったり」……たくさんの反響があります。

 

これからも、無理のないダイエットやスキンケア、体内から健康に、など【生酵素222】の可能性が、いくつも広がることを願い、素材の調達・製造から出荷まで、心を込めた管理が素晴らしいですね。

 

>生酵素222を試してみる


生酵素・非加熱発酵のメリット

人の生命活動にとても重要なものだと、広く認知されてきました。そこで、酵素に興味をもちはじめた人が、さらに一歩先に生酵素、熱処理のない酵素に注目しているようです。酵素製品といえば、サプリはもちろんのこと、ドリンクやスムージーまで商品化されています。このの話題は、テレビや雑誌でも紹介されるようになり、人気は今も継続しているようで、私を含め今、こういった製品を定期購入で利用しているユーザーも年々増えてきています。

 

そして現在では、酵素の中でも生酵素がより効果を実感できるとして、商品も売れているようです。しかし、これ自体は健康に良さそうでも、普通のものと生酵素がどう違うのか?実際に、生酵素にどれほどのメリットがあるのかをご説明していきますね。

 

まず、簡単に生酵素を説明すると、熱を加えることなく作られた醗酵食品なのです。雑菌の繁殖などを考えると、加熱しているほうが衛生的では? と思われるかもしれませんが、酵素の場合は問題ありません。むしろ加熱すると本来含まれている栄養素が壊されてしまうことがありますので、非加熱のほうが、豊富で栄養素の数も多いのです。

 

特に高温で加熱した酵素は、効果が薄くなってしまいます。酵素には代謝酵素・消化酵素のように人の体内で作られるものがありますが、食品によって体外から摂取する酵素は、生酵素のように栄養豊富なほうが酵素パワーも高まります。例えば、高温で加熱されていない生酵素は、一般の酵素よりもビタミンやミネラルなどの栄養素の他に、酵素も豊富に含まれています。

 

熱に弱い栄養素が、非加熱製造のおかげでそのままの成分として存在するわけです。生酵素を摂取することで、様々な良い効果が体にあらわれます。消化酵素が不足しているなどで便秘に悩む女性などには、生酵素を摂取することで腸内環境の改善につながり、便秘の解消にもなります。ダイエットの効果もあり、生酵素には、基礎代謝を良くする効果があるため、基礎代謝の改善から痩せやすい体に変わる可能性もあります。

 

生酵素の代謝を助ける働きにより、老廃物も排出、つまり体内の老廃物をデトックスして、結果、美肌効果も生まれます。製造過程の非加熱により酵素力が高く発揮されるので、生酵素が選ばれているようです。

 

野菜の色ごとの栄養・美容効果

食生活から健康を考える時、料理に野菜を取り入れることの大切さは良く知られています。野菜はサラダにしても美味しく、お皿に盛りつけた時の見た目も色鮮やかで、食卓を明るくして、楽しい食事の時間を演出してくれます。野菜には、赤・黄・緑・紫・白・黒など、色々なカラーがありますが、その色には意味があることをご存知でしょうか?

 

野菜の色と栄養素との関係を簡単に解説いたします。

【赤色の野菜】

【赤色の野菜】は、リコピンで有名なトマトなどがあります。がんの予防・老化防止・動脈硬化対策・肌をダメージから守る美白効果もあります。ニンジンや赤ピーマンにはβ−カロテンの力が含まれ、粘膜を強くし、細菌やウイルスに強い体にしてくれます。

 

【黄色の野菜】

【黄色の野菜】は、フラボノイドなどに代表される大豆、他には、とうもろこしなどもあります。骨粗鬆症の予防・心臓病対策・血圧を下げたり、血行を良くします。黄色いピーマンやかぼちゃもありますが、ビタミンCの効果でコラーゲンの合成を助け、ハリのある肌にしてくれます。

 

【緑色の野菜】

【緑色の野菜】は、クロロフィルなどの成分が含まれます。ほうれん草、ピーマン、小松菜、モロヘイヤなど沢山あります。主な効果としては、体臭口臭の消臭・歯周病予防・貧血改善・肌トラブルの解消などがあります。また、含まれるカルシウムの効果で、精神安定などにもつながります。

 

【紫色の野菜】

【紫色の野菜】は、紫の成分アントシアニンで有名ですが、赤キャベツ・赤しそ・なす・赤カブ・さつまいもなどがあります。目の疲労回復・視力低下防止・抗アレルギーの効果がある他、抗酸化作用により血液をサラサラにして老化を防ぐ役割も果たしてくれます。

 

【白色の野菜】

【白色の野菜】は、白菜、たまねぎ、マッシュルーム・まいたけなどのキノコもあります。白菜は、ビタミンCが豊富で、血管の老化や動脈硬化を防ぎ、コレステロールを下げる働きも期待できます。白ねぎ・たまねぎには、血液をサラサラにする硫化アリルの成分が含まれています。白色のキノコ類は、NK細胞を活性化する効果を含みますので、発ガン予防の可能性を秘めています。

 

【黒色の野菜】

【黒色の野菜】の代表には黒まめがあります。海藻類では、ひじきなどがポピュラーです。黒豆に含まれるイソフラボンやアントシアニンは、血液をサラサラにしたり、抗酸化作用、ガン予防、肌を綺麗にするなどの美容に役立つ効果があります。ひじきなどの海藻類は、食物繊維が豊富なため、腸内環境を整えます。

 

生酵素222にはそんな野菜の栄養がぎゅっと詰まったサプリメント。気になったら、お得なキャンペーン中に試してみてくださいね。

 

 

▼   ▼   ▼

 

 

 

 

 

 


更新履歴